大好きフィギュアスケート

フィギュアスケートの最新情報や基礎知識などをブログに載せています。

世界選手権2020中止について

 新型コロナウイルスの感染拡大により、今年の世界選手権は中止となりました。3月11日にISU(国際スケート連盟)が発表しました。延期ではなく、中止として発表しましたが、今年は開催されないのでしょうか。延期の可能性もあります。過去には、2011年東日本大震災の時期、世界選手権2011は日本(東京)で開催される予定でした。開催前に発生した大地震により、延期となりました。その約1ヶ月後(4月下旬)にロシア(モスクワ)で行われました。

 世界ジュニア選手権2020は、3/2~8の日程でエストニア(タリン)で開催されました。世界選手権2020は、3/16~23の日程でカナダ(モントリオール)で開催される予定でした。フィギュアスケートに限ったことではなく、他のスポーツ大会やイベントなども中止されています。日本には梅雨(つゆ)がありますから、その時期に新型コロナウイルスは一旦収束すると思います。ただ、インフルエンザが大流行した時は、冬から秋頃まで続きましたから、どうなるのでしょうね。

 

 フィギュアスケートに関する記事を書き続けて、もうすぐ3ヶ月になります。その期間にブログを継続することについて考えさせられました。ブログを書くようになり、以前よりも自分以外の人(いろいろな人)のブログを読むようになりました。ブログを継続してみて分かったことがあります。ブログを毎日投稿している人たちは凄いと。ブログに限らず、毎日(何かを)継続することは凄いことだと。それが一ヶ月、半年、一年と続くわけですから。

 好きなことであれば、継続できると思っていました。うまく説明できませんが、好きなことだからこそ頑張ることができる反面、嫌いとまではいきませんが、好きなことを突き詰めた結果、楽しみが半減することを経験しました。例えば、好きなもの(食べ物)を食べ続けることができるか、好きなこと(趣味)を仕事にできるか、などと似ているかもしれません。こうして、フィギュアスケートに関する記事を書くために、資料館に足を運んだり、過去の記憶を思い出しながら作成しているわけなのですが、徐々に気持ちに変化が表れてきました。

 何か新しいことを始めた時に、人間は約3ヶ月しか続かないのです。これには理由がありまして、人間は3ヶ月しか継続できないように設計されているのです。プラスのモチベーションの源とされているドーパミン、マイナスのモチベーションとされているノルアドレナリンに関係があります。ノルアドレナリンは追い込まれた時に発生する物質です。この物質は、毎日出し続けると2~3ヶ月で枯渇します。ストレスを回避する防御機能が働くことも関係しています。継続する方法としては、モチベーションを保つこと、つまり、ドーパミンを出すことが必要になってきます。

 

 世界選手権が中止になり、残念ではありますが、新型コロナウイルスの感染者が中国で8万人を超えました。中国の他に、韓国、イタリア、イランで感染が拡大しています。日本も感染者が増え続けています。今年はオリンピックイヤーと言われていましたが、今夏に予定されている東京五輪はどうなるのでしょう。テレビ等の放映権やスポンサー企業が絡んでいるため、中止になることは無いと思いますが、延期になる可能性があります。

TOPに戻る