逝去クリス・リード選手、今後について、政治家他

 最近、思うのです。このジャンル(フィギュアスケート)で良かったのだろうかと。知らなければ良いこともあります。知ってしまったがために、知れば知るほど、嫌になってくることがあります。好きなことだからこそ、知りたくなるものです。しかし、もうお腹いっぱいになってしまいました。このブログのジャンルを変更しようかと考えています。スポーツは必ず人が関わってくることですから、選手や関係者を調べていくうちに闇のようなものが見えてきたりして、深く知れば知るほど、(フィギュアスケートが)好きではなくなっていきました。たぶん、この対象が人間ではなく、モノ(物)であったならば、また違ったのだろうか、と思うのです。モノ(物)を対象にしたブログであったならば、継続できたかもしれません。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、東京五輪2020開催の行方が未定です。東京オリンピックなのに、陸上競技(マラソン競歩)が北海道(札幌市)で開催される予定です。(開催地変更の)表向きの理由は、暑さ対策のためとなっていますが、裏ではお金が動いています。そして、東京2020組織委員会森喜朗会長が関わっています。もちろん、IOC国際オリンピック委員会)も関与しています。

 アメリカのトランプ大統領、十何年前でしょうか。彼がリアリティ番組に出演していた頃、大統領になる前、選挙活動よりずいぶん前になりますが、その番組で、人種差別は悪いことと語って、話していたような記憶があります。現在とはイメージが大きく違い、善良な坊っちゃんのイメージがありました。彼が差別的な発言をするのは、戦略なのでしょう。当選するための、支持を集めるための、作戦なのでしょう。もう一人の坊っちゃんと言えば、日本の安倍首相です。そういえば、誰かが言っていましたが、セレブ(お金持ち)に(一般)庶民の気持ちが分かるのかと。トランプは国(アメリカ)のために動いていますが、安倍総理は、彼の(自分の)保身のために、お金(国民の税金)をつかっているわけです。そして、安倍首相はトランプの言いなりです。日本の外交が良いというのは、お金をばらまいているからなのです。アメリカの金づるは日本であり、(超)高額な兵器、戦闘機などをアメリカから大量に購入しています。日本の国債は増加、増加、増えます。それだけではありませんが、アメリカの言い値(高値)で日本に売れるわけですから、トランプ(アメリカ)は安倍首相(日本)に対して良い顔をします。新型コロナウイルスに対する日本(政府)の対応なども問題視されていますが、記者会見では、事前に質問が用意されていて、だいたい何を質問するか分かっているわけです。そして、資料を見ながら応答するのです。国会の質疑応答も同じです。そこで予定にない質問をすると、怒り出すわけです。

 フィギュアスケートに戻りますが、昨日、連絡がありまして、日本代表のアイスダンス選手であるクリス・リード選手がデトロイトアメリカ)で突然死により逝去しました。父が米国人、母が日本人の彼は、アメリカ出身で30才でした。日本時間3月15日午前0時20分に心臓突然死で亡くなりました、と本日(3/17)日本スケート連盟(ISU)が発表しました。姉のキャシー・リード選手と(アイスダンスの)カップルを組んでいました。妹のアリソン・リード選手もアイスダンス選手です。クリスは昨年末(2019年12/31)に現役引退を表明し、後進の指導にあたっていました。

TOPに戻る