ループ、サルコウ、トゥループを覚えよう!

 フィギュアスケートは、全6種類のジャンプがあります。先日、ルッツとフリップについての記事を載せましたが、今回はトリプルの中でも比較的跳びやすいループ、サルコウトゥループの違いについて知りましょう。トリプルの中で、トリプルアクセル(3A)、トリプルルッツ(3Lz)、トリプルフリップ(3F)に続く基礎点が高いジャンプがトリプルループになります。その次がトリプルサルコウです。最後がトリプルトゥループです。トリプルループの略称は3Lo、トリプルサルコウの略称は3S、トリプルトゥループの略称は3Tです。トリプルループトリプルサルコウもトリプルトゥループも後ろ向きで踏み切って跳びます。そして後ろ向きに着氷します。ジャンプは全て、後ろ向きに右足で着氷します。

www.figfigure.com

 まず、ループとトゥループ、名前が似ていませんか?そうです、この2つのジャンプの違いは、トゥを付くか、付かないかです。このトゥは、以前の「ルッツとフリップの違いを知ろう!」の記事に載せました。このサイトでは、右利きの場合を想定して説明しています。トリプルループ(3Lo)は、右足で後ろ向きから助走をつけて滑ってきて、そのままアウトサイドエッジの右足で踏み切り、脚をクロスさせながら、おりゃーっと思い切り跳び、左回りに3回転します。そして後ろ向きに右足で着氷します。トリプルトゥループ(3T)は、右足で後ろ向きから助走をつけて滑ってきて、アウトサイドエッジの右足のまま、左足トゥを突いて踏み切り、おりゃーっと思い切り跳び、左回りに3回転します。そして後ろ向きに右足で着氷します。トゥループはトゥ(つま先)を氷上に突き刺してジャンプするのに対し、ループはエッジ(トゥ無し)でジャンプします。

 トリプルサルコウ(3S)は、左足で後ろ向きから助走をつけて滑ってきて、そのままインサイドエッジの左足で踏み切り、脚はカタカナの”ハ”を描くように、右足を後ろに蹴り上げながら、おりゃーっと思い切り跳び、左回りに3回転します。そして後ろ向きに右足で着氷します。

 日本の浅田真央選手は、ループが得意でした。本人が公言しています。一方、韓国のキム・ヨナ選手はループが苦手でした。こちらも本人が公言しています。試合でキム・ヨナ選手がトリプルループを成功させた映像は、数回あるか無いか。それほど、プログラムにループを入れていません。

 そういえば、懐かしい話になりますが、安藤美姫選手がクワッド(4回転)サルコウに挑戦していましたね。女子でクワッド(4回転)は非現実的と言われてきましたが、ここ数年の間に試合で着氷する選手が増えてきました。非現実的だった4回転が実現可能になりました。人間の可能性はすごいです。クワッドアクセル(4A)ができる選手は現れていませんが、もしかすると(笑)なんて思ってしまいます。現時点で不可能であっても、未来は誰にも分かりません。

 

TOPに戻る