ハビエル・フェルナンデス選手と安藤美姫選手

スペインで人気のスポーツとは

 ハビエル・フェルナンデス選手は、スペイン人としてフィギュアスケートで54年ぶりにバンクーバー五輪2010に出場しました。スペインでは彼が世界選手権(2015年)初優勝するまで、彼の認知度は低く、フィギュアはマイナーなスポーツでした。スペインではサッカーが人気があります。サッカー人気は別格でとても良い成績を残しています。サッカーつながりで彼と名前が似ているハビエル・ルナンデス選手はメキシコ代表のサッカー選手です。また、スペインではバスケやテニスも人気があります。テニスでは、ラファエル・ナダル選手が有名です。

ハビエル・フェルナンデスの成績と恋人

 フェルナンデス選手は、世界選手権(2015, 2016)二連覇しています。欧州選手権では、2013年から2019年まで七連覇しています。彼の姉がスケートを始めたことで彼も6才からフィギュアスケートを始めました。4回転サルコウ(4S)と4回転トゥループ(4T)を武器に世界で活躍しました。「スペインの貴公子」の愛称があり、甘いルックスの持ち主です。彼は過去に安藤美姫選手とお付き合いしていました、安藤選手の恋人(彼氏)でした。彼は彼女の脚が好きとのこと。先に告白したのは、フェルナンデスです。

安藤美姫の現在と過去の成績

 安藤美姫選手は、プロスケーターであり、解説者でもあり、フィギュアの普及活動などの様々なイベントに参加しています。タレント活動もしています。彼女は習い事の一つとしてスケート教室に通っていましたが、9才から本格的にフィギュアスケートを始め、13才の時に全日本ジュニア選手権2001で優勝しました。14才の時にジュニア国際大会で女子選手初4回転サルコウを着氷しました。トリノ五輪2006とバンクーバー五輪2010に日本代表として出場しました。世界選手権(2007, 2011)二度の優勝を果たしました。ソチ五輪2014シーズンの全日本選手権2013がアマチュア選手として最後の試合となりました。2013年末に惜しまれつつ、競技生活に幕を下ろしました(現役引退)。

安藤選手の将来の夢と一人娘

 将来、ホームリンクを所有し、選手を育てる環境がほしい、とミキティは言います。指導者の道を目指しているのでしょう。スケーターのコーチになりたいと話していました。彼女の一人娘(ひまわり)にはスケートは始めさせていないとのこと。安藤選手が偉大(世界トップスケーター)ですから、その子供は嫌でも親と比較されますし、スポーツ界はタフな世界なので、同じ道に進むのか別の道に進むのか、いろいろと悩むと思います。彼女は世界トップクラスのスケーターとして活躍してきて、フィギュアの良い面も辛く苦しい面も見てきた選手ですから、同じ道を歩ませるのか、難しい選択かと思います。でも、きっと美姫選手と同じく娘もスケーターの素質はあるでしょう。

 

www.figfigure.com

TOPに戻る