eスポーツ優勝賞金3億円超え!ゲームのメリットやリスク他

 昨今、不要不急の外出自粛要請により、いつもより自宅で過ごす時間が増えた人が多いのではないでしょうか。私は週末の予定がキャンセルになり、自宅で久しぶりにゲームをしました。暇つぶしにゲームをする人は多いと思います。現在は様々なゲームがあります。オンラインゲームなどのRPGや育成ゲーム、パソコンゲームスマホアプリのゲームなど、ゲームでポイントやビットコインをもらえることがあります。仮想通貨ゲームの中でブロックチェーンゲーム(Dappsゲーム)もここ数年で人気があります。

 eスポーツ、この言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。eスポーツとは、エレクトロニック・スポーツの略称であり、コンピュータゲームやテレビゲームで行われる対戦型ゲーム競技です。そのゲーム専用のゲーミングチェア(ゲーム用椅子)があります。5万円以上する椅子もあり、プロのeスポーツプレイヤーは、マイチェアを持参していると聞いたことがあります。昨夏のニューヨーク大会(Fortnite)の優勝賞金が300万ドル(約3億2,600万円)!この賞金を手にしたのは、16才の少年でした。海外ではeスポーツの大会が多く開催されています。現在の競技人口は日本の総人口くらいでしょうか。約1億3,000万人おり、ゲーム市場の規模も年々拡大しています。一部大会では、選手権としてメダル種目として正式に認定されています。

 ここまで聞くと、時代の変化を感じる人もいると思います。良い面があれば、悪い面もあります。ゲームによる人体や精神への影響、健康障害が指摘されています。ゲーム依存症になってしまう人もいますし、それにより引きこもりになる人もいます。ネトゲ廃人という言葉があるほど、ゲームのやり過ぎで仕事や生活に困難を来す疾病、ゲーム障害が国際疾病に認定されています。

 学校の先生でゲームをしている人もいます。私のお父さんのお友達に教師をしている人がいます。その彼はポケモンGOを楽しんでいます。ポケモンGOとは、現実世界そのものを舞台としてプレイするゲームです。プレイヤーは現実世界のいろいろな場所を歩き、ポケモンを探して捕まえたり、バトルさせたりすることができます。課金するとゲーム内でできることが増えるそうです。外に出て歩くことで良い運動になると話していました。彼は学校の先生なので、ゲームをすることで児童や生徒との話題になり、彼らと仲良くなれるとも話していました。年代は違えど、共通の話題があることは良いことです。ゲームが子供たちにとってコミュニケーションツールになっています。

 ゲームにはオンラインでのコミュニケーションスキルを学ぶことができ、退屈や孤独、ストレスといった現実の苦しみからのシェルターになってくれる面もあるはずです。メリット、デメリット(リスク)がありますが、ヒトはゲームとどのように付き合うべきなのでしょうか。いろいろと便利になる世の中、5Gの現代、ゲームを含め、インターネット上の問題や悩みは、より一層増えていくことでしょう。

TOPに戻る